ケアプロスト 薬剤師

まつ毛がぐんぐん伸びる?!魔法の薬と名高いケアプロストの真実(20代/女性)

女性は目元で印象が変わると言っても過言ではないほど

メイクをする上でも、アイメイクは大切ですよね。
マツエクや付けまつげなど、便利なアイテムは増えましたが、
やはり自まつげをしっかり伸ばして、外国人のような目元になるのは
あらゆる女性の憧れです。

 

世間には様々な美容液が存在しますが、
医薬品としてはじめてのまつげ育毛剤がこの、「ケアプロスト」です。

 

そのメカニズムや実際の効能効果、
そして気になる副作用についても
現役美容系薬剤師の私が、徹底解説致します!

 

 

・そもそもなぜ医薬品の育毛剤?

ケアプロストの成分は緑内障治療薬に用いられる、ルミガン点眼薬と同じです。
実際ルミガンを使用している方の目元はというと
まつげ、ふっさふさ!!
その、「副作用」をうまく利用できないか、と製薬会社が考え生み出したのが、
まつげ育毛剤の「ケアプロスト」です。

 

・考えられる副作用

ケアプロスト使用により、もっとも懸念される副作用が
色素沈着です。
実際私が見て来た患者さん(緑内障としてルミガン点眼液を使用している)の目元は
やや下瞼が黒ずんでいるようにみえました。
しかしながらこの副作用は
使用法によってかなり軽減することができます。
ルミガン点眼液を使用する場合、目からこぼれ出るほど目にさすので
それが下瞼にも付いてしまい、色素沈着の原因になります。
ケアプロストの場合、正規品だと
まつげ部分にのみ薬液をつける事が出来る刷毛がついていますので
自分でも気をつけながらつける事で、かなり副作用も軽減されると思います。

 

・実際に使用してみて。

私は現役薬剤師として、ルミガン、ケアプロストともにサンプル品をいただき
使用させていただきました。
ルミガンを使用する場合は、
リップ用のブラシでまつげ部分に塗る様にしました。
実際使用してみた効果は。。。
正直、評判ほどぐんぐんまつげが伸びた、という感想は持ちませんでした。
3ヶ月ほど毎日寝る前に使用しましたが
気にしていた副作用は全くなく、
いつもよりもやや元気なまつげになってきたかな?と感じました。

 

・薬剤師としての見解

正直緑内障の患者様はほとんどといっていいほど、
まつげがすごく伸びています。
しかしながらルミガン使用者がとりわけすごく伸びている、という訳ではなく、
むしろ他のプロスタグランジン系の薬の方が効果があるように感じるときもあります。
(まつげが伸びるという意味での効果として)
そして一番感じるのが、
女性よりも男性の方が顕著にまつげが伸びているという点です。
そういう意味では、女性では効果を感じにくい何かがあるのかもしれません。

 

いかがでしょうか。
私は今、医薬品でないまつげの美容液を使用していますが、
こちらの方が合っているのか、すごくまつげが伸びて来ている気がします。
何にせよ、自分に合うまつげ美容液を使用し続ける事が
一番まつげ美に必要な事かもしれません。